【初心者】得意分野や好きなテーマのブログで稼げるか?

ご覧いただき、ありがとうございます!

cloud-709094

収益化できるブログには大きく2つのタイプがあります。

  1. 得意分野や好きな分野に特化して情報提供する。
  2. 興味や関心のある人が多いテーマを探してブログを作る。

今回は1の自分が好きなジャンルのブログを作る場合について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

ブログテーマに関心のある人がどれぐらいいるか?

これはそのテーマに関連する言葉(キーワード)がどの程度検索されているかを見ればおおよその感じがわかります。

わたしはグーグルの無料ツール、キーワードプランナーを使っています。

keyword2113.png

たとえば、テーマに関連する言葉として「中古車」というのを入れてみます。

 keyword2116.png

すると、検索ボリュームが出てきます。

kensaku2117.png

検索ボリュームは、一般的に5万件以下は少な過ぎ、100万件以上は多過ぎると言われています。

検索ボリュームが少ないものは、関心のある人が少なく、ブログに興味を持ってくれる人も少ない可能性があります。逆に100万件以上あるものは、関心のある人が大勢いる人気のテーマであることがわかります。

広告がつきやすいテーマか?

ブログが稼げるかどうかは、テーマに合った広告の有無や数にもよります。広告の有無や数も上のキーワードプランナーでわかります。入札単価のあるキーワードは広告があるということですね。

いくら好きでくわしい記事が書ける人気のテーマでも、その記事にマッチする広告がないものは稼げません。稼ぎにくいテーマや中にはアドセンスできないテーマがあることも忘れてはいけません。

ブログで収入を得たい場合は、そのあたりの確認をしっかりしておきましょう。

テーマ周辺を探る

本来はテーマのリサーチを細かくして詰めていくのが理想なんですが、自分の興味や関心も漠然としているような場合、大きめ広めのテーマでブログを立ち上げてしまうのも方法です。特に初心者は、作りながら学ぶ経験の方が大切だからです。

先の中古車というのが大テーマの例ですね。検索ボリュームも多く大き過ぎるので、本来はもう少しターゲットを絞りたいところなんです。でも、書きたいことがいろいろあって決めかねている。そんなときは、はじめから絞り込まずにいろいろ書いてみてから徐々に絞っていってもいいと思います。

日記ブログのようにとりとめもなくいろんなことを書くのは効率悪いのでおすすめしませんが、大きくてもテーマがちゃんと決まっていれば、はじめから絞り込んだテーマにしないほうが楽しく続けやすい場合も多いです。

収益化とのバランス

stones-95905.jpg

稼ぐブログというのは、購買意欲の高い訪問者が関心のある記事を掲載していると言われてます。たとえば商品についてのくわしい情報や使ってみた感想などですね。買いたいと思っている人たちが知りたいと思っている情報だからです。

だけどこういう記事ばかり書き続けられる人はふつういません。不自然ですし疲れますよね。

だから購買意欲の高い訪問者だけに向けて書くのではなく、テーマに関心のある人、自分と興味を共有できそうな人に向けて書く記事があっていいと思うんです。そのほうがブログとして自然ですし、訪問者も増えます。

収益化ばかり考えて無理しないことです。収益化を意識できるときはすればいいし、考えないときがあってもそれはそれでかまわないぐらいでいいです。

でも、ブログで収益を上げるという目標を持つからには、自分の楽しいおもしろいと思っているテーマをいかに収益化できるテーマとリンクさせるかについて、頭のすみっこでたえず試行錯誤する覚悟はしないといけません。答えは自分で探すしかないからです。

それがブログを続ける励みというか楽しみの一つになればいいなと思います。

いっしょにがんばりませんか? では。

************************************

★お好きなタグをクリックして応援してください!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク