お金を使わず、からだを動かす生活スタイルに転換する人が少数派でなくなる日

ご覧いただき、ありがとうございます!

board-1273117

現在50代・60代の老後が不安視されてます。

  • 収入減
  • 介護負担増
  • 子どもの自立支援増
  • 住宅の負担増
  • 健康不安増
  • 贅沢な生活習慣

この年になって、頭を切りかえるというのはむずかしい。だけどこのままではどうもいけない感じなんですよね。

スポンサーリンク

何でもお金で買おうとしない

支出を減らすというと、節約して忍耐することしか思い浮かばなかったわたしは、何をしてもすぐに行き詰って苦しい思いをしておりました。

なんせ、バブル育ちですから、お金を使う暮らしに慣れきってるんですね。何でもお金で買えると思っているし、買わないといけないと思ってました。

だからいくらお金があっても足りないんですよ。それでますますたくさん稼がないといけない、ってことになるんです。でもそんなことできません。だから思い悩んでいたんです。

お金で買う暮らし方しか知らないわけですから、支出を減らしたり、節約するには限界があると感じてました。

ところが「3万円ビジネス」というまったく違った価値観や暮らし方があることを知り、自分の知ってる世界の狭さに気づいたんですね。

何でも買おうとするからたくさんお金が必要になるんです。

必要なものを調達するには、なにも買うだけが唯一の方法ではないってことです。

買わずに調達する方法を考える

「3万円ビジネス」では、たくさんお金を稼がない代わりに、経費をかけないことに知恵を絞ります。

経費を小さくすれば、無理してたくさん稼がなくても暮らせるんですよ。そんなあたりまえのことに気づいたら、少し気が楽になりました。

さっそく、うちでは、

  • 専用の合成調味料
  • 専用の洗浄剤

をやめました。基本の調味料を組み合わせれば、どんな調味料もできます。洗浄剤は、掃除や洗濯に共通して使えるものだけ持つようにしました。専用の調味料や洗剤をやめると、収納場所もコンパクトになってすっきりしました。

さらに、

  • 畑の支柱
  • 肥料にする米ぬか
  • 二重窓

家庭菜園で使っている支柱(野菜の茎や枝を支える柱)は、近所の川原に生えて放置されている竹を拾ってきて利用しました。肥料にする米ぬかは、精米機の横にあるヌカハウスに溜まっているヌカを無料でわけてもらったものを使っています。こうした支柱にする竹や米ぬかは、もちろんお店で買うこともできるものです。でも、こうしてお金をかけずに調達する方法もあるんですね。

また、二重窓は、ポリカでDIYします。家中の窓に設置するには、それなりの材料費がかかりますが、本格的なリフォームに劣らぬ断熱効果が期待できるので、暖房費が節約できればすぐもとがとれる予定です。

「3万円ビジネス」的発想の転換が、これからの長い老後を悲惨なところから救ってくれるヒントになるかもしれません。50代・60代は、老後が悲惨でピンチだと言われっぱなしでいいわけありません。ピンチは転換のチャンスです!

************************************

★お好きなタグをクリックして応援してください!

にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ にほんブログ村 主婦日記ブログ SOHO主婦へ
home関連コンテンツPC

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!

スポンサーリンク